【楽曲分析】心を燃やして前を向かせてくれるコードとメロディの曲「炎」【LiSA】

楽曲分析

現在大ヒット公開中劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編。
とにかく煉獄さんの漢気を感じ取れる最高にアツい映画となっております。

今回はその、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の主題歌であるLiSAさんの「炎」の楽曲分析をしていきます。

心を燃やせ…!

楽曲はこちら

イントロ

小室進行(VIm→IV→V→I)とも「ポップパンク進行(VIm→IV→I→V)ともちょっと違うコード進行。
どちらかと言えば「小室進行」に近いかも?
なんとなく親しみやすさがありますね。

個人的にVIm→V→IV〜と来ると次に使いそうなコードって

  • VIm→V→IV→IV
  • VIm→V→IV→III
  • VIm→V→IV→V

などを彷彿してしまいますが、上記は全て最後のコードがトニックじゃないため、どんどん曲を進めないといけない気になってしまいます。
しかし、最後のコードが「I」になることでトニックで始まりトニックで終わるコード進行になりますので落ち着いた雰囲気で安心して聴けます。
曲の始まりとしてはバッチリなコード進行かも。

Aメロ

今度は普通に「小室進行」になっています!
ちなみに「小室進行」とは皆さまご存知、小室哲哉氏が多用したコード進行として一斉を風靡した超定番コード進行の事です。

ただ今回の場合は、イントロと違ってトニックで終わってしまわない様に、最後のコードをドミナントである「V」にして曲を進行させています。
物語は始まったばかりですからね!

そして、開幕一発目から歌のメロディが綺麗〜!
ほとんど大きな跳躍が無く全音か半音で隣り合う音に紡がれていく歌謡的なメロディがとても滑らかでスッと心に滲みる…。

どこか懐かしさは感じるけど、アレンジの音使いやLiSAさんの声や歌い方で現代的なサウンドに昇華させているのもお見事!

Bメロ

ここからマイナー感が強まって少し暗くなってきます。

前半は普通のマイナーキーのコード進行ですが、後半がすごいドラマチックな動き方をしています。

「IVm」「Vm」「♭VI」「♭VII」
これら全て同主短調からの借用和音です。
ちなみに、VIdimはパッシングディミニッシュで♭VIと♭VIIの間を繋ぐ役割をしています。

歌も同主短調のKey Dmのメロディを歌っておりとても切なくグッと来ます。
コードもメロディもKey Dmになっているので部分転調していると言えないこともない…?

後半はメロディが同じモチーフのまま、コードと同様にメロディも一音づつ徐々に上がっていくので「サビ来るぞ!」っていう高揚感がありますね。

サビ

サビでは全音上のKey Eに転調します。
Bメロ後半のドラマチックなコード進行はサビの転調への布石だったわけですね。

Bメロの最後のコード(A/C#)はKey Eの「IV」になります。
転調前と転調後どちらにも共通するピポットコードなのでとてもスムーズに転調が可能になります。

Key Dのダイアトニックコード
D Em F#m G A Bm C#m(♭5)
Key Eのダイアトニックコード
E F#m G#m A B C#m D#m(♭5)

さらに言えばその直前の「C」もKey Eから見ると「♭VI」と解釈できます。

「♭VI」はダイアトニックコードではないので、転調前後のキーに共通したコードと言うには少し遠い関係ですが、「♭VI」はサブドミナントマイナーとしてJ-POPの世界ではよく使われるコードなので使い勝手の良いコードではあります。

冒頭の2小節はAメロと同じコード進行ですが転調しておりコード自体は違うため、Aメロとは差別化されています。
その後は「I」が「III」になる事で王道進行となるので、切なさ増し増しの王道サビ感が前面に出てます!

通常の「王道進行」の順番変えたもの。
コード進行の意味合いはそんなに変わらない。

そして、サビのラスト3小節でコードもメロディも展開させつつ終息へ向かいます。
劇伴の作家さんなのでメロディに対するコードの合わせ方がとても緻密で凝っているなぁと感じました。
ちなみに、この曲の作曲者である梶浦由記さんは、まどマギ、fateシリーズ、SAO、そして鬼滅の刃の劇中BGM(劇伴)を手掛ける大物劇伴作家さんで、幼少期をドイツで過ごされたそうです。
楽曲のオーケストレーションからも本場の西洋音楽の美しさを感じ取れるよますね!

2拍毎にコードチェンジするばかりではなく、裏から食ってコードを変えたり3拍目4拍目でコード変えたりなどメロディに寄り添ってコードチェンジをする事で、単調になりすぎないようなテクニックが施されています。

そうゆう意味ではバラードだけど、すごく激しい曲と言えます。

間奏1

イントロと同じくVIm→V→IV→Iの進行ですが後半で突然転調して元のKey Dへ戻ってきます。

転調前のセクション(前半)でトニックである「I」で終止しているので、そのままヌルッと頭で突然転調しても全然聴けちゃいますね。

突然転調のコツについては下記記事でも取り上げております。

2A〜2B

アレンジが若干違いますが大元のメロディ、コードは1番とほぼ同じ。

間奏2

2番のサビに行くかと思いきや、Key Gに転調して間奏に突入します。

Bメロのコード進行は1番と同じなのになぜKey Gへも転調できるのでしょうか?
それはこの楽曲でたびたび登場する同主短調」が関係しております。

同主短調とは主音が同じ短調の事で
Key Gの平行調(調号が同じ長調と短調)はEmなので、Bメロからサビへ転調する流れ(Key D→Key E)のままKey Em(G)にも転調できるのです!

筆者は楽曲分析する際、全てメジャーキー(長調)で解釈するので慣れてないと混乱してしまうかもしれませんがご了承下さい。

小難しい話を抜きにしても、Key DとKey Gは属調の近親調関係で相性が良いのでそれもあってスムーズな転調になっています。

間奏とはいえWow〜とまるで魂の叫びの様に歌っておりグッときますね…。
サビと同じくらいのテンションと音程の高さなので実質ここもサビかもしれない。

Dメロ〜間奏3

王道進行とも小室進行とも解釈できるコード進行。
サブドミナントマイナーの「♭VI」も出てきて切なさアップからのVI→V→Isus→Iというクラシカルな一番納得のいくカデンツでDメロは締めます。

ほんの3小節の短い間奏を経てラスサビへ…!
転調の仕方がまた変わってきます。

ラスサビ

またKey Eへ戻ってきます。
この戻ってくる転調の仕方もまた「同主短調」関係なのです。

先ほどのKey Gの平行調はKey Emという話の通りで、サビ前の「B」のコードはKey EでもKey Emでもドミナントの「V」のコードなのです。

楽典の教科書では同主調近親調なのに、なぜか平行調の同主調近親調とされていません。

何が言いたいかというとこれらのキーは教科書的には近親調とされていないけど、近親調くらい相性の良い関係だということです。

最後の盛り上げでラスサビが引き延ばされることはよくありますがその場合って、もう一回サビを繰り返すパターンがほとんどですよね。
しかし、この曲の場合はサビをもう一回繰り返すのではなく、サビの最後の2小節間(7〜8小節目)を繰り返すことによってサビを大きく長く展開し盛り上げています。
(そもそもこのサビは繰り返しできるメロディではないというのもありますが)

単純に繰り返さず、ちょっとずつ展開していくメロディを作るのってかなり手間なのですが、この曲は一切妥協なくメロディが展開されており作曲家の気合を感じ取れる楽曲となっております。

メロディがコピペでなく展開されいく曲の例の記事もご参考ください。

ただ、展開しすぎると取り止めのない覚えづらいメロディになりがちですが、この曲では覚えやすいキャッチーさは残しつつメロディを展開させているのでとてもバランスの取れた楽曲になっています。

アウトロ

ラスサビの最後の音からLiSAさんのインプロビゼーション(即興)で締められていきます。

Key Eのままで終わるかと思いきや、ラスト2小節で最初のKey Dに突然転調で戻ってきます!

普通ここまできたら転調したKey Eのまま終わらせますが、梶浦さんはそんなやりっぱなしの様なマネはせず伏線回収と言わんばかりに元のキーに戻してきます。

最後の最後まで一切妥協の無い曲作りとなっていて本当に気合の入った楽曲ですね!

まとめ

  • トニックで始まりトニックで終わる落ち着くコード進行
  • 隣り合う音に紡がれていく歌謡的なメロディ
  • 同主短調からの借用和音
  • ピポットコードを使った同主短調へのスムーズな転調
  • メロディに寄り添ったコードチェンジ
  • やりっぱなしで終わらせず元のキーへ戻す
  • 一切妥協のない歌のメロディ

映画公開3日間で興行収入46億円だとか、3日間で300万人以上動員したとか、新宿の映画館で12スクリーン中11スクリーンで『無限列車編』の上映をしているだとか、とんでもない社会現象になっている『鬼滅の刃』

それだけ人の心を動かす作品にはそれだけパワーのある曲が起用されているわけですね。

「紅蓮華」がリリースされたときにも思いましたが『鬼滅の刃』って物語も音楽も両方良くて爆発的にヒットになった作品だと思います。

アニメは良いけど…とか、楽曲は良いけど…みたいな作品が一定数存在するこの世の中で、これほどまでに音楽も物語も両方良い作品なかなか無いでしょう。

今後の『鬼滅の刃』動向から目が離せません!
煉獄さんのような漢になりたい…!

この記事が良いと思ったらコメント、シェアしていただけると嬉しいです!

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました